つくば市北条にある古いお屋敷。 通称『矢中御殿』を覗いてみれば・・・ 懐かしいような、不思議な風景があちこちに。 そんな風景を、ちょっとつまみ食いしてみましょう(笑)。

2017年01月11日

雪華模様の襖


Wikipediaによると雪華模様とは、『江戸時代に入って古河藩主土井利位が雪の結晶を観察し、「雪華図説」にまとめ出版したところ、結晶図の美しさと完成度の高さから、雪の結晶の模様(雪華模様)は江戸庶民の間で流行し、着物や服飾小物、はては茶碗の模様にまで使われた。』とある。
若い人たちが今見ても、かなりモダンな感じがするようである。
この襖はかなり荒い布に型染めされているのだが、見学者で芭蕉布ではないかという人もいた。
もしそうだとしたらこれはまた、無茶苦茶高価な素材であることになるのだが・・・。
まあ龍次郎翁であれば、お気に入りの書斎の襖にそんな素材を使っていても不思議はないが。


Posted by そらねこ at 20:13│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。